バソ head to 横浜レゲエ祭

ストーリー

断酒5年生です。どーもバソです。


現在は1mmボーズ頭に落ち着いたわたくしバソ、ボーズ歴7,8年といったところでしょうか⁉例の自粛モードに入ってからは完全に自分で刈っております。ちなみに週一で刈ります。

ホントはロングヘアーにしたいのですが…毛量が乏しくなった為ボーズに逃げております。

ある方は、私のようにボーズに逃げている事を「ハゲ」にもなれない「ニゲ」だとおっしゃっていました。(うーんカッコいい!)それでも私はヤッパリ刈り続ける事でしょう。

「ニゲ上等じゃ~い!」

いつの日かフサフサの「ロングヘアーという生き方」をもう一度・・・

さてさて今回のストーリーは、さかのぼる事10数年。今年2023年に幕を閉じた『横浜レゲエ祭』が「新港埠頭特設ステージ」で開催されていた頃、出演者を良く知らないながらも、当時「ジャマイカ音楽」にどっぷり浸かっていた私は、何かの刺激を求めて行ってみる事にしたのです。

男子3人、女子3人の計6人での参加となりました。

野郎共3人は同い年。女子3人は年下のギャル娘といった、初めて会う女の子一人を除いては皆知り合いというメンバー。翌日の会場である横浜目指して夜中に旅立つ我々なのでした。

私の父親のハイエースを借り、とりあえずトップバッターで私が運転することに…

高速を1時間ほど走らせたぐらいでしょうか⁉私のモットー「超快適安全運転」にしびれを切らした友人が

「代われ!」と指示。

もともと運転が好きではない私は「どうぞどうぞ♡」と快く承諾し、一番後ろの席でチョー快適に過ごしたのでした。


そんな『横浜レゲエ祭』出発直前の休日の事、

チケットは購入済みだったものの、肝心の旅費+お小遣いが捻出できずにおりまして、最悪「借りるか!」と腹を括っておりましたトコロ…夜中に友人から連絡が。。

その友人は県外から帰省しているらしく、久々に会う事にしたのです。(これがミラクルの始まりでした)

私の家で宅飲み開始。久しぶりの再会に会話も弾んだ朝方の事。

「最近すげぇスロットがでたのよ!」

と、友人の話はいつしかパチスロ話に。この当時、パチンコ(パチスロ)から足を洗っていた私は、何が凄いのかもチンプンカンプン状態でしたが、「一撃で凄く出る」事は理解できたため、酔っぱらいの私は友人と共に朝一めがけてパチンコ屋に並ぶ事にしました。

とりあえず1万円貸してもらい、酒酔いのまま着席すること4千円ほどでヒット!

これを皮切りにポコポコ当たる初心者もどきのバソ野郎。訳も分からぬまま少しずつメダルが増えていきます。お昼が過ぎ、もう完全に勝利を確信したその時でした。

スゲーそれ北斗揃いや~~‼」

私に向けて興奮気味の隣席の友人から雄叫びが…

「なんや?これ良いんけ??」

どうやら相当良いものを引いたらしいバソヤロウ!ここから一気にメダルを吐き出し、結果15万円を超えるプラスで終了!(ありがとうケンシロウ!ラオウは無事昇天しましたゼ)

調子に乗った私は、ちょうど店内出張に来ていた綺麗なマッサージ師のお姉さんに足裏マッサージの施術をしてもらい、大満足で退店したのでした。


と、いうことでなんとかGIRIGIRI☆資金調達に大成功した私は、チョーご機嫌&無心配で旅する事となった訳なんです。なので、途中S.Aで差し歯の前歯が取れて「2連歯抜け状態」になっても笑って過ごすことが可能だったって訳です。(S.Aではサングラスも購入しました)

友人のナイスロングドライブの甲斐あって、割と早めに到着した我々は、フェス会場近くに車を停め、女性陣のお着換えが終わると、いざ会場に向けて歩き出しました。

この時の女性陣のファッションが、もうセクシー極まりなく気合入ってまして…仲間とはいえ何とも「ムラムラ」「クラクラ」する始末、わたくしバソ、

「カチッ」とスイッチが入ってしまいましたぞ~。

ここからというもの、私の『性欲』が治まることなく、ずーっと上がりっぱなしで過ごす事となった訳なんです。このド煩悩まみれ状態がいつまでも続く事となった今回のフェス旅。開場してからもさらにキワどいギャルだらけの中、ドンドンDONDON『欲』が膨れ上がってパンパン状態の破裂寸前バソヤロウになっていくのでした。(あべし…)

無論お小遣いの心配はありませんので、ひたすら飲酒に没頭する事となります。『フジロック』で習得済みの「おつまみ持ち込み作戦」も大正解でして、私だけ音楽そっちのけで過ごす事となります。

(↓フジロック編↓計4話あります)

何回も何回もお酒を求めさまよう始末。あっちフラフラ、こっちフラフラ。キワドい女性はサングラス越しにYOーチェック、ワンツー!

結局ステージ前の方まで行くことなく、最終的にはいつでも行けるようにとトイレ付近に落ち着いたバソ野郎なのでした。途中雨に見舞われてしまい相当体力が削られましたが、私以外は皆十分に『横浜レゲエ祭』を楽しんだみたいでした。

祭も終わり、女性陣の希望である「渋谷での買い物」の為、『東京』を目指した我々は、到着するなり適当なコインパーキングで車中泊となりました。(途中初めて食べた「一風堂」美味かったですね~)

翌日、疲労の為かやや遅めの行動となった私達一行。ファミレスで朝ご飯を済ませると、

女性陣はウキウキ♡ショッピングへ…

視界から消え去った女性陣を確認するなり、既に体内成分の80%以上が我慢汁と化したバソ野郎の頭の中はといいますと…



風俗一点縛り

なのであります!

溜まった膿を吐き出さずには居られませんでした。(なにせ体内成分の80%以上が侵されてますから、一刻を争う危険な状態なのです!)

とりあえず案内所で目星を付け「ファッションヘルス」なる所に急ぎました。


わたくしバソ、「風俗」は過去数回だけ体験してまして、ド素人ながらにもハマらないであろう自信はあります。しかしこの日は違いました。

悶々と耐え続けた結果、パンパンで今にも洋服が破裂してしまうのではないかというほどに「大スケベオーラ」をまとったケンシロウならぬ、バソヤロウに成長していたのです。しかも…東京という事もあってか、相当ヒャッハー!していたのを思い出します。

無事入店しコースを選びますと、ついに…「Specialマッサージ師」とのご対面です。

見た目は至ってフツーの若い女の子でした。

シャワー室でキレイキレイしてもらい、お部屋で挨拶もほどほどに、いよいよ施術開始なんです!



と、specialマッサージが始まるや否や、不安に陥るバソヤロウ。

施術がプロフェッショナルではない事がすぐに感じ取れました。素人同然のその施術テクニックは、ただただ退屈そのものでして、「エクスタシー」とは程遠い感覚がそこにはありました。

↓(バソ、心の声…)↓

「ウソやろ!!」

「マジか!こんなんじゃ全然あかん!」

「もっと何とかしてYO~」

「あんたプロでしょうが⁉」

「触った事あるんか??」

と焦りまくるバソ野郎!

足に力を入れて「ピーン」と伸ばしたり、自分から動いたり、イロイロ注文してみたりとアレコレ試みるも…


ピピピピ・・・・♪


無念の

タイムアーーーップ!!!




「お疲れさまでした♡」

じゃねーよ!マジで‼(足ピンし過ぎて疲れたけども…)

どうしてくれるんやーーーーー!!!!!


モヤモヤが増しただけじゃ~


モヤモヤマシマシで♡」


うおぉぉぉぉぉ!!!



ひでぶぅ・・・



ラオウを昇天させることはできたものの…

BASO・・・昇天できず。。

とにかく、

ケンシロウ!お世話になりました!ありがとう‼



そして…

帰りも友人の運転という事で、これでもかと「黒星」&「おつまみ」を買い込んでからのおセンチバソ野郎になったのは言うまでもありません。いつの間にやら体内成分も元の数値に落ち着いたみたいでした。

それにしても、帰りの車内での「サイコパス診断」はチョー楽しかったです!

おしまい。



最後にレゲエ祭ということで…

レゲエの前身とも言えるジャマイカ音楽♪

「The Skatalites」で

『Guns of Navarone』

それでは、また会いましょう。

コメント お気軽にどうぞ~(お名前、メールアドレスは特に必要ありません)

タイトルとURLをコピーしました